2007年10月 3日 (水)

やっと届いた通知書

今月から認可保育園に入園できたなーたんの”保育所入所承諾書”なるものが、昨日になってようやく届いた。10月入園なら9月中には届くものと予想されるものが、どうして届かないのか?実は入園許可なんて下りてない、手違いでした、なんて言わないよねー??とちょっと心配してたの。

ようやく来た!あー良かった、これでひとまず安心だー!という安堵感だけで封を開けると、中から出てきたのは姉妹入園になった事で料金が変更になる通知だった。

おーーーっ!何と!!ビックリ!!!

利用料がうんと下がるのでしたーーー!キャー!知らなかったーーー!

計算してみた所、二人分の保育料が月額21,000円も安くなるのですよー!!やったー!(っていうか、これが通常のような気はするのだけどね。先月までがあまりにも高すぎた!・・・それでもパパは「安いもんだ」って言ってたんだよ。どんな経済観念じゃ!収入とのバランスが非常に悪かったのに。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

入園が決定しました!!!

昼間の騒ぎから一転、R園に入園決定です!!

園長先生が掛け合ってくださったようで、(どうやら一人辞退したらしい)役所の担当者が渋る中、即入園となったようです!びっくりしたけれど、ありがとう!先生!

園長先生は兄弟同園というのが基本と考えてらっしゃって、役所との考え方に大分ズレがあるよう。役所は、”市の規定”ばかり言うので、実際に人々がどう動いてるのかを把握していない。入園できればそれでいいでしょ、って考えで、別園に送迎してどんなに時間のロスが発生しようが、サービスしてあげてるんだから有り難く思え、ってくらいのもの。お役所仕事とはこういうものだ。誰か改革した方がいいぞ。(数々の不正、横領等が発覚する中、役所をただ信じる人はいないでしょう。)

超人気で入園が大変難しいと有名なR園、2歳児クラスで入園できるなんて奇跡!!園長のお陰、そして我が家の守り神、みーたんの導きなのです。

なーたん、転園は寂しがるかな・・・。それだけは辛いところだけれど、ずっと今の保育室では居られないのだから、どこかで変えることになる。こういう決定は直前だから、先生方にもちょっと申し訳ないけれど。10月末の運動会に参加できなかった事はとても残念。

何はともあれ、来月から姉妹揃ってR園に通園です!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

また今月も入園できません・・・つづき

記事を書いたばかりだけど、続きです。

もう、気になって気になって仕方が無かったので、園長に電話して、”今月もダメでした”の話をした。

「そうなんですかー。うちには何も来てないんですよ。普通だったら今頃入園児のリストとかが届いてるはずなんですけどね。でも、大丈夫ですよ。うちはもう、○○さん(私)しか取らないって役所に言ってあるので、その他の人だったら取りませんから。ちょっとお待たせしますけれど、年度末までには何とかしましょう。」

ほんと、この園長には足を向けて眠れません!!じっくり待ちます!ついていきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また今月も入園できません・・・

今月も入園審査の時期が過ぎたので、結果がとても気になって役所に電話してみた。

「今月もダメでした。定員超過です。」

へ??何で??

というのも、一昨日、たまたま園長と話す機会があったので聞いてみたところ、「多分入れると思いますよ。要求度が一番高いって言われたから、”じゃ、募集します”ってことにしておきましたよ。でも、もう一人同じような方がいらっしゃるとは言ってたけれど、多分大丈夫でしょう。」と言われていたのです。コレを聞いていたから余計に?ショック。かなり期待してたんですよー!!

役所の担当者が今月から産休に入ったとかで、今月から代わりの人が窓口。これが吉と出るか、凶と出るか?と思っていたのです。(またも滅茶苦茶対応が悪い人だし!)うーむ・・・実際どうなんだろうか。その新任担当者に、今月は入れた人が居たのか聞いたら、「誰も入園できませんでした。」と言った。本当だろうか?この1枠が無くなったら絶望的?!と思っているので、かなり気になるところです。それによってはちょっと真剣に来年以降の事を考えないといけないかしら・・・。園長に聞いてみよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

来月も入園できません・・・

保育園待機児のなーたん・・・

先日、雇用証明の新しくなったものを区役所に持参したことで、ランクUPした。入園チャンスがあれば、逃さず入りたい!!(チャンスを逃したらもう入れないかもしれない、危機的状況なのです。)でも、役所では「今月も募集はありません」と言われた。

昨日、みーたんのお迎え時にR園の園長先生と話してきた。というのも、今月2歳児の募集を掛ける、と以前から聞いていたから。

園長:「何だか、凄く要求度の高い方が1人いらっしゃるらしいんですよ」

私:「えー!・・・そうですかぁ、何か方法はないでしょうか?」

園長:「役所の担当者のTさんは、”兄弟が別々の保育園に通う大変さ”を分ってらっしゃらないみたいなんですよねー。せっかちに”平等にしてもらわないと困る”とか言うし。私ももう腹が立ってきて、”では、もう今月は募集しません!”ってブチッって電話切っちゃったのよ。上司にも電話しちゃったわ。他にもここに通ってる子の下に赤ちゃんが生まれた方が何人かいらっしゃるけれど、ここに入園したいのは分ってる訳だから、定員いってないけれど、その人数分の席は確保しておくつもりなんですよ。」

園長:「多分、今月、その方はどこかの園に決まるでしょうから、来月の募集で入園できるようにしたいと思ってますので、もうちょっと待ってください。」

******

園長!ありがとうございます!!感謝です。園長のお人柄がしみてきました。

それにしても、実態を知る園長と、書類のみのお役所仕事との違いは明らかだ。この保育担当者Tさんは、みーたんの入園に関して「そんな病気の子が保育園に入れるのか、って話ですよね」などという大変失礼で軽率なな発言をした人。勿論私は好かんの。今年度からこの担当者に変わったらしく、去年までは多少の融通が利いたとか。

何とか来月は決まりますように!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

みーたん入園の巻!

昨日無事に入園しました!おめでとう、みーたん。

昨日は8時半に家を出て、まずはなーたんの保育室へ。みーたんは後回しで9時前にR園に登園。登園手順を教えてもらいながら身支度完了し、先生に抱っこしてもらっている間にママは看護士さんとお話した。またまた柔らかい口調の優しい看護士さんで、私が出した”みーたんの病気について”記したプリントにしっかりマーカー引いて目を通してくれていた。いざと言う時は救急車でS病院に搬送してくれることになった。保育士全員が病気について認識し、目を配ってくれるらしい。ありがたい!ホッ。

今日も短い保育で、9時に送って10時半に初めて園での離乳食をママが手伝って帰ってくる、という手順。

昨日、守る会の会合でお会いした社会福祉協議会の”障害者地域コーディネーター”さんからメールがきた。MTの仕事の話だけれど、「セラピスト1名で作業所の巡回」という書き方だった。うーむ・・・なかなかハードそうな仕事だぁ・・・

仕事はしばらくの産休&育休で、正直かなりの休みボケ・・・。みーたんが保育園に行けることだし、本気でリハビリしないと!時間があるうちに友達の現場見学に通ってみようと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

優しいR園の園長先生

最後の頼みの綱、R園の園長先生に相談の電話をした。

経過を報告し、「2歳は選考の土俵にも上れないみたいです。」というと、「えー」なんて驚いている様子だった。0歳も集団保育が大丈夫か疑問視された事を話したら、「医師の診断書ならいつでも出せます」と強く言ってみたらどうですか?とアドバイスくれた。今回、募集があるにもかかわらず入園できないようなら障害児枠があるか聞いたところ、それもOKと。現在、4歳の子供で先天性の心臓病で手術を終えている子がいるが、全く普通で何も問題ないですよ、と言ってくれた。その子も保育士を1対1で配置していて、現在もそのままにしているらしい。園長は「二人同じ園に入ることに意味があるのに、何ででしょうねー」と、園長からも担当のTさんに話してくれる事になった。諦めないで訴えてください、と応援してくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

不愉快な保育園入所審査

先週金曜日に入所申請を出したのだけど、その時は窓口で対応した担当者が「応援したい」と私の仕事に共感を持ってくれ、好感触!と思ったのに、実態は・・・

追加文書を提出に行った。春までになーたんが入園できないと困る、というものだ。これに関しては、訴えるほどの事ではなく、当然そうみなされる、ということだった。ついでに、私のランク付けがどうなっているのか聞いてみた。

なんと、「CorD」 

C=外勤で月16日かつ1日4~7時間働いている。又は、居宅内で月16日以上かつ1日7時間以上働いている

D=外勤で月16日以上かつ1日7時間以上の仕事に内定している。又は、居宅内でで1日4時間以上7時間未満働いている。

(実際、Aランクでなければ、最終選考に残れないのだ。内勤はBランクが最高ランクなので、私の仕事では、どうあがいてもAにはなれない。R園の現状は、Aランクで4人の待機児がいる。)

私の申請書には月21日、1日8時間以上の労働(内10日外勤)で提出した。その書類をみて、このCかDという判定はあまりにも不服だったので、理由を尋ねた。

窓口の担当者は以前の人とは違ってた。色いろと訴えたところ、「確かに、Dはあまりにも、と思います。B(外勤で月16日以上かつ1日7時間以上働いている。又は、内勤で月20日以上かつ1日8時間以上働いている。)にはなれそうな気がしますので、書類に少々手を加えて訴えが通るようにしてみます。」と言ってはくれた。(帰宅後再び電話もした。)

それでもまだ不満だったので、R園担当者Tさんに電話した。MTの仕事が家での準備時間が相当かかること、これは外では出来ない事など。すると、「入所選考基準は市で決まっていることですから、ランクの変更はできません。外勤と内勤の日数と時間で決まっています。ランク内での順位は事情を加味できますが」と全然話にならない。自営だと余計に低く扱われる。全く!!行政のやっていることは、世の中の実情とかけ離れている。実際、実家が近所で事業をやってる人なんて、実労働なくてもニセ雇用証明だけ有利に書いてもらって、さらに実家の恩恵までうけられる。知人はパートの内定を書類上すでに労働している事にし、更に時間数も8時間以上に延ばしてもらって申請して入園が決定した。それも保育園からの入れ知恵で。入園してから時間が変更になったことにすればいいってことだったそう。書類で何が判定できるものか、疑問で仕方がない。

そのくせ、その担当者Tさんにみーたんの手術等の事情で上を預けられないと困る、と話したら「逆に0歳のお子さん預けられるのか、って話ですよね」と言うから驚いた。病児を預ける、預けないって、一体誰が決めるんだ!!「主治医からOK貰ってますから大丈夫です」と言ったのに、さらに「集団の保育なんて大丈夫ですか?」と言った。ムッときた!

『全園で障害児保育を行っています』とうたっている市の保育園担当者が、こういうことを言っていいのでしょうか?

この事をパパに話したら、これら言われた事は訴えていくべきじゃないか、と言った。確かに黙ってると流れてしまう事だけど、病児を持った以上、こういった差別的な言葉について、主張すべきかもしれない。言わないと無かった事になっちゃうからね。

ちなみに、パパ(正社員)のランクはというと、何の説明もなく、当然Aランク。仕事が多様化している現代で、頭の固いお役所人間が人の仕事の忙しさや重要度を判定するんだものね~。いやになっちゃうわ。確かにMTの大先輩が「私たちにとって行政は敵」と言っていた。なるほど。

市が決めた保育基準は、月の労働日数と時間だけでランク付けを行っている。居宅勤務は軽視され(外勤より1ランク下になる)、外勤のランクが高い。私の場合、みーたんの面倒を見ながら仕事をしている事が(保育室に断られた事を書いたのに)、保育の必要性を低く読み取られた可能性も高い。MTの雇用証明が無いから客観性がない、とも言われた。0歳が先に入れたら、外勤を増やしてランクアップを狙うように、諦めないでくださいね、と窓口のKさんが言ってた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

認可保育園の入園申請

ドキドキしながら行ってきました!受験会場に行くような気分で区役所へ。

「雨と聞いてたのに晴れている・・・これはきっと良い方へ運ぶぞ!」

窓口で、前回親身に話を聞いてくれた女性が接客してる。あの人だったらいいなぁ~、と思ってたら、申請の受け取りは担当が決まっているようで、メガネの若い男性が「こちらへどうぞ。」とやってきた。何から話すのがいいのかしら?とりあえず入所申請書を出す。(みーたんは第一希望園のR園しか書かなかった。)記入漏れをチェック。「ご兄弟の場合は、どちらかでも先に入るか、同時入所を待つか、選んでいただくのですが・・・」そうそう、そこは空欄にしてあった。事情を話し、とにかく次女がR園に入れないと困る旨を話すと、”1人だけの入所でもよい”にチェックすることになった。

「雇用証明書を見せてください。」あ~、ドキドキ。MTのこと、とにかくセッション以外に家で行うべき仕事が多くて時間が必要ということをどう分かってもらおうか、どう話していこうか・・・。「セッションは1セッション40分位が多いのですが、その準備の為に、その日の午前中や前日、スタート時には1週間前から、ということもあります。」そんな話をしていると、「僕はエレクトーンをずっとしてたのでMTに興味がありまして、セッションの見学に行ったことがあるんです。これを職業にしてらっしゃるなんて尊敬します。是非応援したいです。セッション以外に膨大な時間が掛かるというのも良く分かります。」えーーー!!!凄い!!ツイてる!!添付した書類も「ありがとうございます。こういうのを頂けると他の者にも伝えやすいです。推すのに役に立ちます。」と言ってくれた。なんてラッキー!!こんなことってあるんだなー。やっぱりみーたんは守り神だーーー!!

結果は20日頃。ドキドキ。どうか、二人揃ってR園に決まりますように!!!

みーたん、下の歯の頭が見えてきた。うふふ。9ヶ月にしてようやく。ただ、虫歯には特に気をつけないといけないのです!頑張るぞ!

そうそう、先週末、みーたんにもなーたんと同じトリップトラップチェアを買ってあげた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

MT仲間

MTやっててよかったなぁ~

仕事復帰と保育園・・・この先どうしていこうか悩んでいた時、MTの先生の事を思い出した。私にとっては雲の上の存在だったのだけど、同僚は親しく付き合っている人が多かったから、顔見知り程度にはなっていた。学会で食事を一緒にした時に「保育園の事ならなんでも聞いて」と言って下さってたのを思い出した。同じ横浜住民、隣の区だし。

ある日、思い切ってメールしてみたら、即日、ながーーーーーいお返事を下さった。

世の中、素晴らしくいい人がいるよ。

みーたんを通して見る「人」は、その人の心の奥深い部分がよーく見える。みーたんが私にくれた”人メガネ”かもしれないなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧